どんなに安いダイレクトメールもfaxdmに勝てない理由

ダイレクトメールの種類には、家庭でも目にする機会の多い郵送ダイレクトメール・電子メールを利用したダイレクトメール・そしてfaxdmです。ここでは、意外に知られていないFaxの特性を生かしたfaxdmの効果的な利用法やメリットをご紹介します。まずfaxdmの仕組みですが、新しい商品やイベントの案内をしたい企業からFaxを利用して多くの方に情報を発信する方法で、一枚の用紙に情報を載せてお知らせをします。例えば郵送であればもっと何枚も一度に送ることが出来ますし、EメールですとWebサイトのリンクを利用すれば非常に多くの情報を送信できます。しかし、郵送は時間がかかりますし料金も高めで、Eメールは料金がかからなくても振り分け機能などで開封すらしてもらえない場合があります。そこでFaxを使うことで、安い価格でリアルタイムに情報を発信することができるのです。

安いだけで選んではいけないfaxdmの業者

Faxで送信した画像データは、送信するとすぐに相手のFax受信機器で受信され、すぐに読めるような、内容を開いた状態で表示されます。これが他のダイレクトメールとfaxdmの大きな違いです。受け取る側は、必要なものかどうか確認する為に必ず一度は目を通します。つまり、開封されるかどうか分からない封書やEメールと違い、内容で判断してもらえるのです。紙という形で残るものの為、気になったから残しておき時間が経ってから問い合わせをするという可能性もあります。そして、発信からのタイムラグが少ないのでより新しい情報を届けられるということもメリットとなっています。送信には、同時に何百件と送る必要がありますので、代行業者に依頼することになります。一件あたりでも安い価格ですが、まとまった件数で割引のある業者もありますので比較してみてください。

目に留めてもらうFaxを作成するコツ

郵送やチラシを作成するケースと違い、faxdmは送信する原稿を全て自作で作ることが出来ます。原稿が一枚あればいいので印刷やデザインに時間がかからないことはメリットですが、せっかくの情報発信ができる機会ですから、印象的なものを作ることで目に留まってじっくり読んでもらえる確率をアップさせましょう。しかし、ほとんどの場合モノクロで送信しなければなりませんので、小さい文字だと印字の際に潰れて読みにくい場合があります。また、写真は白黒ですと分かりにくくなりがちなので避ける方が無難です。それを踏まえて見やすいfaxdmを作成するコツは、大きめの文字で簡潔な情報を載せること、写真は避け、イラストや図を取り入れることが挙げられます。それでも作成が大変だと感じる場合、原稿の作成代行やアドバイスがもらえる業者を選択しましょう。安い価格で効果の出やすいfaxdmを、ぜひ活用してみてください。