効率的な安いfaxdmの方法とは何か

faxdmとは、FAXを利用したダイレクトメールのことです。電話回線を通して相手企業に対して送る広告ですが、これが行われる理由は、安い通信費と広告費で多くの会社へ広告を送ることができるからです。しかしFAXは電話番号が必要ですが、その番号はどこから調べるのか、となると一個人で調べられるものでは無いので、ここで専門の企業の力を借ります。これがfaxdm代行です。もちろんFAXの番号を公開している企業にひとつひとつ自分たちで連絡をする方法もあります。しかしこの方法は効率的ではないので、人件費の面を考えると、得策とは言えない案です。これを効率的に行う方法を独自に開発できれば問題はありませんが、そうでない場合、ノウハウを持つ業者に依頼することが、最も効率的です。しかし数多くの業者があるので、どこを選ぶのかを比較検討する時に、まずは金額をみます。ここで安いだけの業者を選んでしまうと問題があります。

faxdmの専門業者に依頼すると営業にかかる費用も安い

faxdmは安さだけで選んでしまうのは危険です。それは受信拒否の意思を明確にしている相手に対して何度も送信してしまう、対象外の相手を大量にリストに入れてしまう、追加料金が高く設定されていた、ということもあります。受信拒否の意思表示をしている相手に、さらに追加で送信することは、印象を悪くするだけでなく、あまりにも悪質である場合は、法的手段に訴えられる可能性もあります。そのようなリスクや、クレーム処理を正しく行える会社を探すことが、第一です。その上で、原稿の作成の請負や、顧客リストの多さや分類の細やかさを比較して、選ぶことが大切です。faxdmは通常のDMよりも安い費用で行うことができますし、メールと比べて開封率も良いので、広告費を安く抑えたい、まだ起業したばかりの会社には適した方法ともいえます。

安いだけではないfaxdmのメリット

faxdmの利点は、郵便のDMや、パソコンのメールに比べ、安いことや開封率が良いという点が挙げられますが、クレームに繋がる可能性があります。これはfaxという相手の機材を利用するシステムだからです。特に個人企業は、自宅兼事務所という形を取っていることもあります。夜中に突然FAX音がして飛び起きれば、興味の無いチラシが送られれば、印象は悪くなります。またDMとは違い、白黒一色での配信となるため、地味でもあり、情報量も限られます。メールのように、自分の会社サイトへの誘導も難しいという点もあります。ですから、送る内容は限られます。主にセミナーや、無料のサンプル提供、新サービスの大まかな概要などになります。これを新聞広告のようなレイアウトを考えながらも、しっかり内容を伝えられる文章、アイキャッチを考えることになり、ノウハウのある業者を頼ることが、どれほど効率が良いかわかります。