faxdmを使用することによる安い以外のメリットのまとめ

faxdmとは、その名前の通り、faxを用いたダイレクトメール送付機能です。ダイレクトメールで一番一般的なのは葉書や封書での方法かと思いますが、コストがかかるというデメリットがあります。葉書や封書に使う紙代、そして送る為の郵便代です。ダイレクトメールは数多く送る必要がありますので、できるだけコストは下げたいものです。コスト削減の為にもどの職種においてもペーパーレスが促進されてはいますが、日本においては今でも会社間でのやり取りの一つにfaxがあります。そういった事を考えると、いくらペーパーレスだと言ってもfaxが活躍している会社にとってはfaxdmも営業ツールとしては重要なものの一つです。ここでは、faxdmの特徴や安いという事以外のメリット、そして利用する際のポイントなどを解説いたします。

faxdmを利用するメリットとは

faxdmは営業ツールの中でも有効なものの一つです。営業の基本である、直接会社に出向くという営業方法は、もちろん大切ではありますが、営業の仕事は大変というイメージもあり人手不足の今では営業マンを確保するのも大変です。他には電話やメールもありますが、電話も人手が必要なものですし、メールは件名を見ただけで削除されてしまったり、そもそも何も目につくことなく迷惑メールに振り分けられてしまう事も多いです。faxdmですと、人手はかからず、紙として残るものなので必ず目に触れてもらう事ができます。faxdmは基本的に代行業者にお願いする事になります。faxdmは送れば送るほど反応をもらえる件数が増えるものですので、送る営業先は多い方が良いに越した事はありません。その送信先も業種別でfaxdm代行業者が保有しています。業者はいくつかありますので、できるだけ安い所を見つけるのも重要です。

faxdmは安いだけじゃない。上手に活用しましょう

faxdmの料金は具体的にいくら位なのでしょうか。例えば送信先のデータを持ち込んだ場合、3000件未満の場合は一件あたり3円プラス設定費用2500円とデータ持ち込み設定料が一枚当たり2円かかります。3000件以上の場合は一件当たりの送信費用が4円で設定費用とデータ持ち込み設定料は無料、といった風になります。会社の規模により送信先の件数は異なりますので、何件くらいがベストなのかをしっかりと見極める事も重要です。どの作業も全てオンライン上で完結する事ですので、ほとんど人手もかかりません。faxdmの会社は特色を活かして色々とあります。できるだけ安い事はもちろんですが、信頼できる事も大切ですのでしっかりと比較して決めましょう。是非、営業ツールの中でも費用対効果が高いとされているfaxdmを上手に活用してみてはいかがでしょうか。